CONTROL TECHNOLOGY NEWGRADS

Message

予約業界は、成長産業である

当社が予約システム「RESERVA」世に出したのは2014年11月。SaaS型の予約システム事業に参入してから約7年が経過し、2022年現在、当社を取り巻く環境は大きく変わりました。

2014年当時は、予約システムはあまり普及しておらず、サロンや飲食店に予約するときは電話が主流でした。2017年ころからようやく「予約システム」の導入が一般化してきました。その後、サブスクリプションという課金形態も世の中に認知されてきたことで、2019年からは大きな収益を生み始めました。そして、2020年の新型コロナの流行により、世の中の仕組みが一気に変化し「ニューノーマル」という言葉が出現する中で、オンライン予約がビジネス運営における重要なポジションを得るに至ったと感じています。

2022年からは、さらなる事業の拡大を目指して新しいチャレンジをいたします。

当社に興味を持っていただいたみなさんの中には、すでに「予約業界」のポテンシャルに気づいている方もいるでしょう。会議室の予約、ホテルの予約、イベントの予約、レストランの予約など、日常生活や経済活動の中で、予約をする機会はとても多く、この業界のポテンシャルはとても大きいと感じていただけるかと思います。

オンライン予約は、あらゆるビジネスシーンで当たり前のように導入され、今後も急速な普及が見込まれます。この「予約システム」という成長産業において、当社は20万アカウントを保有する業界のリーディングカンパニーです。トップ企業だからこそ背負う責任、トップ企業だからこそ果たす使命があります。当社の成長と、業界の健全な発展のため、柔軟な発想を持った新しいメンバーを募集しています。この業界に、新しい風を吹き込みませんか。

あなたの活躍が、社会貢献に直結する

成長著しい予約システム業界。業界リーディングカンパニーの当社は、単に利益を追求する企業ではありません。予約システムを通じて、地方経済を活性化を支援したり、自治体や地域病院と協力してワクチン接種の体制構築に協力をしています。

2021年4月から日本全国で新型コロナワクチンの接種が、日本国政府の主導のもと急ピッチで行われました。接種対象者は9,000万人であり、地方自治体がその接種オペレーションを担いましたが、他にも大学、病院、大手企業が連携をし一致団結をしてワクチン接種を実施しました。

当社はこの時に、政府関係各所、地方自治体などと連携をしてわずか1か月でワクチン接種予約システムを提供し、実際に300を超える地方自治体や病院に予約システムを提供し、700万人を超える人々がRESERVAでワクチン接種の予約を行いました。

私たちは、これからも世の中をよりよくしていくために、予約システムのビジネスを推進していきます。皆様からのご応募をお待ちしています。